内部欠損・鋳巣対策 X線CTスキャナー、レントゲンでの非破壊検査システム 浅田可鍛鋳鉄所

営業時間 / 平日8:00~16:20 0773-27-2058営業課 坂本・塩見まで

高い品質を実現する技術 高度なX線

高度なX線CTスキャナーや
透過装置(レントゲン)を用いた検査・提案システム

非破壊で鋳巣の発生位置や大きさを正確に測定 内部欠陥は鋳鉄にとって最大の課題であり、鋳巣の発生位置や大きさを正確に把握することは従来の勘コツに頼る手法では不可能でした。

しかし、当社の保有するX線CTスキャナーや透過装置を用いれば、非破壊で鋳巣の発生位置や大きさを正確に測定することが可能です。

また、比重の高い鋳鉄を測定可能な高出力のX線装置なため、鉄だけでなくアルミ等の比重の小さい他材料の測定も可能です。

X線CTスキャナーメーカー:東芝 機種名:TOSCANER 24500AV
透過装置(レントゲン)メーカー:東芝 機種名:X’s-PROⅡ MR200

X線CTスキャナーメーカー:東芝 機種名:TOSCANER 24500AV
透過装置(レントゲン)メーカー:東芝 機種名:X’s-PROⅡ MR200

X線CTスキャナーを利用して、以下の技術と組み合わせ、高品質、高精度な製品づくりをご提案いたします!

鋳巣発生部位の可視化

鋳巣発生位置や大きさを
正確に特定

測定したデータから鋳巣の発生位置や大きさを正確に特定できます。

リバースエンジニアリング

リバースエンジニアリングによる 3Dデータの活用

製品とCADデータ、素材と加工品など、形状や寸法の比較が可能です。

湯流れ・凝固解析システム

開発段階から短納期・ 高品質の製品づくりが可能

測定したデータから鋳巣の発生位置や大きさを正確に特定できます。

鋳巣発生部位の可視化:鋳巣発生位置や大きさを正確に特定

13Dソフトを用いた鋳巣部位の可視化

3Dソフトを用いた鋳巣部位の可視化

2動画による可視化も可能

動画による可視化も可能

測定したデータから3Dソフトを用いて鋳巣の発生位置や大きさを正確に特定
できます。また、鋳巣の奥行きも動画ソフトを用いて把握することが可能です。

検査依頼承ります:当社では鋳巣でお困りの方のお役に立てるよう、保有するX線CTスキャナーや透過装置の受託事業を行っております。鉄だけでなく他材質でも測定可能ですので、何なりとお問合せ下さい。

リバースエンジニアリング:リバースエンジニアリングによる3Dデータの活用

1CTデータから
3Dモデル化することが可能

CTデータから3Dモデル化することが可能

2製品とお客様のCADデータとの
形状・寸法比較が可能

製品とお客様のCADデータとの形状・寸法比較が可能

X線CTによる測定データから3Dモデル化するリバースエンジニアリングを用いて
製品とCADデータ、素材と加工品など、形状や寸法の比較が可能です。
比較結果を用い軽量化や取り代削減等のご提案を行っています。

湯流れ・凝固解析システム

1湯流れ分析

湯流れ分析

2凝固解析

凝固解析

鋳巣の発生を未然に抑える湯流れ・凝固解析システムを導入しております。
開発段階から短納期・高品質な製品づくりが可能です。


  • 開発・設計ご担当者様へ
  • 購買・調達ご担当者様へ
  • 品証・生技ご担当者様へ

どんなご要望にもお応えできるよう検討いたしますので、
まずは何なりとお申し付け下さい。
試作品の製作も賜りますので、お気軽にご相談ください!


メールでの見積り依頼・お問合せ
  • HOME
  • 高度なX線
PAGE TOP
4つの特徴