密閉中空鋳鉄は鋳鉄を空洞することで高強度・軽量化を実現 浅田可鍛鋳鉄所

営業時間 / 平日8:00~16:20 0773-27-2058営業課 坂本・塩見まで

世界初の鋳造技術 密閉中空鋳鉄

究極の薄肉で製品の中空化を実現する世界初の鋳鉄

お客様からの軽量化のニーズにお応えすべく、画期的な鋳鉄を開発いたしました。
鋳鉄の最大の弱点である重さを薄肉化で克服します。

密閉中空鋳鉄3つの特徴

軽

中身が空洞のため、
大幅な軽量化が可能

鋳鉄の弱点である重さを克服しました! 設計次第ではアルミよりも軽量化が可能です!

肉厚は、1.5~3.0㎜
コントロールが可能

従来の鋳鉄の製法では不可能な薄肉化に成功いたしました!

箱型断面形状のため、
中空品の曲げ強度は、
中実品の1.3倍

例えばこんな複雑形状も…中空化サンプル(ディファレンシャルケース 断面)

密閉中空鋳鉄ならこんなことが実現可能

  • 1 高強度・軽量化 曲げ強度1.6倍 60%軽量化
  • 2 保温・断熱 保温力1.7倍
  • 3 防振・制振 減衰性能10倍

1 高強度・軽量化

肉厚は1.5~3㎜までコントロールが可能なため、必要強度により作り分けが可能です。
中空品の曲げ強度は中実品の同等以上であることを実証しております。

中空品の三点曲げテストによる強度評価

試験片

素材材質 FCD450
・σb≧450MP
・伸び≧12%
・硬度 HB≦212
試験片寸法 台形断面*120L
断面比較
  素 材 中空品
形状
重量 1.0 0.62

3点曲げテスト

試験機 
アムスラー万能試験機
曲げスパン距離
90mm
曲げパンチ先端半径
r16
試験片数、セット法
各N=3, 台形長片を下にセット

曲げテスト結果

  素材 中空品
破断荷重(比率)
 (N=2の平均)
1.16トン
(1.0)
1.6トン
(1.6)
断面係数比率 (1.0) 0.81
重量比率 (1.0) 0.62

中空品の曲げ破断強度は中実素材の1.6倍
素材(FCD450)

中空品(FCD700レベルの強度)

中空品の重量は中実素材の62%
38%軽量化

同じ曲げ強度の時

曲げ強度1.6 60%軽量化

2 保温断熱

中空部が空気断熱層となるため、保温・断熱効果を得る事が可能です。
中実品と比較して極めて高い保温力があることを実証しております。

実証方法

素材で型どった湯のみに熱湯を注ぎ流水で冷却し温度推移をサーモグラフィーで計測し比較する

温度推移

保温力1.7

3 防振・制振

中空部に油やゴム、砂等の異材質のものを封入することにより防振・制振効果を得ることが可能です。 また、材質や封入量を変えることにより、周波数をチューニングすることも可能です。 中実品と比較して高い制振特徴があることを実証しております。

実証方法

中空化した素材にハンマーで打撃を加え
加速度応答波形を計測し比較する。

加速度応答波形

減衰性能10

  • HOME
  • 密閉中空鋳鉄
PAGE TOP
4つの特徴